2010年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

きくばり・こころくばり

ご無沙汰しております。
カラー講座担当のTOMOMIです。


今週日曜日(8/8)のセミナーを担当させていただきますので、皆様是非いらしてくださいね。



さてさて、前回(7/11)のNAOKO先生のセミナーのお話は、とても身近な内容にわかりやすく落とし込んでくださっていましたが皆さん実践できていますか??

かくいう私も全てではないですが、お話の中の1つ2つは常に心に置いて行動するようにしています。



心がけている内容は、『相手を喜ばせることを常に考え、実践する』ということ。

意識しているつもりでも、うっかりしてしまうことや文句が先にでてしまうことも多いですが、都度都度思い出し、次は!と心がけていくことによってNAOKO先生のような誰からも好かれる女性に近づけると思い実践中です(ひいてはNAOKO先生のようなモテ女を目指す!です。笑。)


そして今回のブログは、小さな気配り。こころづかいのお話です。


私の父は建設関係の小さな会社を営んでいます。
そして私は講師業のない日は父の仕事を手伝っています。


先日、ある工事現場の検査がありました。(※)
役所から検査官が数名来られるのでお絞りとお茶の準備をと言われ、前夜、母と準備をしました。

お絞りはお店やコンビにで購入出来るペーパー物ではなく、昔ながらのミニタオルをぬらして冷蔵庫で冷やして作ります。
丸め終わって準備が出来た頃、母が 『これ使う?』 と香水を持ってきてくれました。

匂いフェチ(正しくは“香りフェチ”ですが)の私は大賛成!
私自身、生臭い匂いが一番ニガテなので、お店で出されるお絞りを使って後悔することもしばしば・・・。
冷蔵庫で保管できている間は良いけれど、日陰のない灼熱の太陽が照りつける工事現場に置かれるクーラーボックスを考えると、ほんのり香水を漂わせておくほうが、もしものことがあってもなんとか嫌な気分にならずにすみますよね



そして翌日、検査から戻った父が開口一番
『 お絞りに香水かけたんか? 』

『 生っぽい匂いがしなくていいかなと使ったけど、あかんかった?? 』と私。


『 いや、いい匂いがする。こんなん初めてやって大好評やった
『 今回の検査、びっくりするほど早く終わって、みんなが“これはあのお絞りのお陰や!” と言ってた。』
と満面の笑みで話してくれました。



その話のやり取り中、心の中で「 NAOKO先生、これがNAOKO先生の云う“きくばり”“こころくばり”っていうことですよね?! 」と呟いたのでした。


相手に喜ばれるということは、喜んで下さった方も、喜んでもらったこちら側も幸せになるということだなぁとあらためて感じ、心が温かくなりました。
今回は母の気配りの賜物でしたが、私もそんな気配り上手な人を目指します!!




mylaboでは、日々の暮らしの中で実践できる生きたマナーや、ひと手間で見た目に美しくおいしいお料理、色づかいで魅力をアップさせる方法など、女子力upをはかるセミナーを開催しています。



(※)土木や建築の現場では、工事工程がひと段落する度に役所の検査を受けなければならない仕組みになっています
スポンサーサイト

| ★Blog | 16時13分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。